女の子

プチギフトで感謝の気持ちを伝えよう❘贈る相手の好みをリサーチ

大量発注も可能

香典返し

人の不幸が訪れるタイミングは誰にも読めないものです。突然、大切な家族の不幸に見舞われた際には葬儀の準備を遺族が行なわなくてはいけません。必要なものの手配が困難だということであれば葬儀社にサポートを依頼するといいでしょう。葬儀や通夜に足を運んでくれた参列客に対して、遺族は香典返しを手渡す必要があるので、数には余裕をもって備えておきましょう。葬儀社に発注を託すことも可能ですが、希望の品があれば個人的に通販サイトなりを利用して備えることです。
香典返しを備える際にはきちんとマナーを守りましょう。頂いた物のお返しになる贈り物は、基本的に頂いた物の金額を超えていけないとされています。香典自体も相場が3,000~5,000円と低額である為、香典返しの相場は1,000~2,000円と低めに考えておきましょう。自宅にあっても困らない物が品として選ばれやすく、定番とされている香典返しにはお茶、タオル、海苔などがあります。葬儀や通夜は、結婚式のように招待状を出して人を呼び寄せるものではないので、不特定多数の人が足を運ぶと考えておき、香典返しを備える数には不足がないようにすることが大事です。
通販サイトのギフトショップでは、急を要する大量注文にも気軽に応えているので頼りになります。営業日内であれば即日発送も可能としているでしょう。注文された香典返しの品には、喪主からの挨拶状とのし袋も付けられているので、手元に届いてすぐに手渡すことが可能である為、遺族にとって大きなメリットだと言えます。葬儀や通夜にて遺族がこなすべきことは多く、こうしたフォローがあるだけでも負担が軽減されます。